お知らせ

2022.07.15
2022.7.15 軽貨物EV 日本の軽、中国格安EVにどう対抗?
 
軽自動車は安さと使い勝手の良さで深く根付く。 ところが二酸化炭素(CO2)排出を減らすため、宅配事業者が中国メーカーの電気自動車(EV)を導入し始めた。 1台50万円程度と軽商用車のほぼ半額のものもある。 乗用車でも中国製EVが普及し始める可能性がある。
 
ドライバー募集特典
時間による制限なしで高収入が狙えます!