お知らせ

2020.03.04
危険な運転者をインターネット通報で検挙
 最近、都道府県の警察本部が市民からの交通事故防止に関する積極的な情報提供を求めていることはご存知ですか? 
その一環として、インターネットで危険な運転の動画などを募ったところ、ドライブレコーダーを持つ運転者から多くの
動画が寄せられ、それが運転者の検挙に結びついた事例もあります。

 これまでは、被害者がナンバープレートなどを記憶していないとなかなか摘発できなかった事例でも、運転者の特定が容易になってきています。

 このようにドライブレコーダーの映像は、あおり運転などによる被害を防ぐ高い効果が期待できます。
そして、「少しぐらい強引に運転しても事故にならなければいい」等と甘く考えていると、ある日突然、自分自身が警察官に訪問される可能性もあります。

 常に撮影されている可能性のあることを肝に銘じて、他車の迷惑になる運転は厳に慎みましょう。
ドライバー募集特典
時間による制限なしで高収入が狙えます!